肌断食について

肌断食は、あえて肌のケアをしないことを指します。やり方として、人によって異なりますが、メイクやクレンジング、化粧水や美容液、乳液といった肌につけるものをすべてつけず、水のみで顔を荒い、その後は何もつけないというのが一般的なやり方となっております。
肌断食をすることによって、普段酷使している肌を休めることで、肌が持っている本来の力を取り戻す目的があります。
いままでケアをしていたものをやめることにより、一時的な肌荒れを引き起こしますが、その後、よくなってくるのが成功となりますが、荒れている状態が良くなる前の前兆なのか、逆に悪くなるサインなのかは判断がつきません。悪くなっている場合には、続けていると取り返しがつかないことにつながる場合があります。
本来は、乾燥した場合に皮脂を分泌して守る機能が備わっているため、ケアをしないことで、その力を発揮させるのが目的なのですが、皮脂の分泌量は年齢に従い減少していくので、乾燥しても皮脂を分泌して守ることができなくなるので、ケアをしないと乾燥してしまうだけという結果になってしまいます。
また、UVカットもできないため、細胞を壊し、老化を促してしまう紫外線をじかに浴びてしまうことにつながるため、最低限UVケアが必要となります。
根本的に機能を取り戻そうとする場合には、数日だけでは効果がありません。途中でやめてしまうと逆効果になってしまいます。
ターンオーバーによって肌が生まれ変るまで、効果は出ません。なので、年齢によってターンオーバーのサイクルが長くなるので、年齢が高くなれば高くなるほど効果が出るまでには時間がかかってしまいます。
軽い気持ちでやるものではなく、長い期間続けることが大切です。

■高度なスキンケア効果が期待できます!
ヒトプラセンタ