肌荒れの原因とにんにくの効果

肌荒れとは、肌がカサカサしてしまったり、かゆみや吹き出物、ニキビに湿疹、赤くなっていたり、くすんでしまっている状態のことをいいます。これは肌の状態が悪いのが目に見えてしまっている状態です。化粧をしてもファンデーションのノリは悪く、粉が吹いてしまっているようにも見えてしまいます。
この肌荒れの原因は、水分や皮脂のバランスが崩れることによっておこります。原因が分かっているからと、化粧水や乳液などのスキンケアを行なう人も多いと思われますが、重要なのは生活習慣や食生活などを改善していくことが大切です。
生活習慣や食生活を改善することで、皮膚のターンオーバーが正しく行なわれるようになり肌トラブルを改善することができるのです。
食生活で取り入れるのにおすすめなのが、にんにくです。にんにくに含まれるアリシンには抗酸化作用や新陳代謝を促すビタミンB1の吸収を高める働きがあるため、にんにくと一緒にビタミンB1が豊富に含まれる豚肉などの食材と一緒に食べることによって栄養を効率的に摂取することができるようになります。ほかにも、強壮や疲労回復、老化防止や美容効果、免疫力の向上のほか、血中脂肪の燃焼を促進させ、コレステロールを低下、血栓の予防など生活習慣病の予防にも期待できる成分です。
また、血行が促進されることによって代謝を高めて細胞を再生させるための栄養素も運んでくれるため、肌の細胞まで栄養が行き渡り皮膚が正常に再生されることでくすみなどが改善されると言われています。
肌荒れを改善するためには、原因を取り除いたりしていくことが大切です。しかし、原因が取り除けないと言う場合にはスキンケアの仕方や生活習慣、食生活の改善などを心がけることが改善へと繋がります。